必要なテクニック

性行為を成立させるためには男性では下半身にある陰茎が硬くなる勃起とは必要不可欠な生理現象であり、陰茎のほとんどを占めている海綿体へと血液を集め充血させることで硬さや一定の太さのある勃起へと導いてくれ、一方の女性は膣が膣分泌液よって濡れた状態になることが必要でありこの液がオイルの変わりとなりピストン運動による摩擦を軽減し痛みなどを感じなくさせ挿入をスムーズにする役割や妊娠を望んでいる場合には精子を一定の温度に保つ役割などを果たしてくれます。
男性も女性もこの生理現象をおこすには一定の刺激や興奮を必要とし、場合によってはセックステクニックが必要となり、経験が不足していると上手くいかないこともあり円滑に性行為ができないため白けてしまったり、性的欲求を満たすことができなくなってしまいます。
性行為は相手を思いやる気持ちも重要ですが、やはりそれ以上に満足感を得るためのセックステクニックが必要であり挿入前に行われる前戯のテクニックは挿入してから絶頂をむかえるまでの間をどれだけ気持ち良いと感じれるかに関わり、男性であれば指や手を使った愛撫や口を使ったクンニと呼ばれる膣を舐める行為、女性であれば同様に手や指を使って陰茎に刺激を与えたり、口を使って陰茎を包み込むフェラと呼ばれる行為などがあります。
また毎回行う行為なので身体が慣れてしまい飽きないように触り方に強弱をつけるなどの工夫も必要になり、抑揚をつけることで感度が上がるとも言われており、経験を重ねることで感覚を養い自分のテクニックとして身につけていきます。
若いころは勢いだけでできることもありますが、年齢を重ねることでこういったことは重要視され継続して関係を維持するにはテクニックはなければなりません。
歳を重ねるごとに機能は低下するので勃起不全や早漏、不感症など様々な障害が現れるようになりますが、長く性行為を楽しむためにお互いが性に対して関心をもち勃起不全や早漏、不感症の症状を改善する必要があります。
勃起不全はバイアグラやシアリスなどのED治療薬に頼らざるを得ませんが、早漏はセックステクニックで対策可能です。
クンニのテクニックを磨くなどして相手を絶頂寸前の状態にしてしまえばよいのです。また、そのまま絶頂を迎えさせることで女性は引き続き絶頂を迎えやすくなりますので、早漏など気になる問題ではありません。 このようにセックステクニックを磨くことでデメリットを消すことも可能です。お互いでお互いのことを思いやり、いつまでも気持ち良いと思えるセックスライフを送って下さい。