性に悩むコンプレックス

陰茎におこる勃起不全と並び男性を悩みにつながったり、コンプレックスとなりセックスに抵抗感がでてしまうことがある早漏とは、射精感をある程度コントロールすることができず、女性がオーガズムに達するまでセックスを持続させることができなくなってしまう症状になり、正確にどれくらいの時間で射精してしまったかは決まっていない曖昧な分野でもあり30秒ほどで射精してしまう男性もいれば、1~2分程度の時間の男性もいます。
男性自身の自己判断が難しいため、素人の男性がインターネットなどで情報を摂取することで間違った情報を得てしまった場合には、思い込みで発症してしまうこともあるため、必ず専門のクリニックなどに医療機関に相談するようにしなければなりません。
射精までの時間以外にも判断の基準があり、膣に陰茎を挿入してからのピストン運動の回数によって判断することもあり、この回数は一般的には10回ほどと言われており、男性は性的な欲求は満たす事ができるものの、女性を満足させることができないため自分に罪悪感を感じてしまったり自信喪失あるいは恥ずかしいなどを感じてしまうことで性行為を避けるようになってしまう男性もいます。
実際、陰茎を医師に診せることには抵抗をもっている男性は多く、仕方ないこととして処理してしまう方や自分は満足できていると勘違いしてしまい症状を放置する男性も中にはおり、積極的に治療を受けようと考える男性は少ないと言われています。
悩みやコンプレックス以外にも陰茎自体に問題があり、包茎の男性に見られる皮膚過敏や亀頭が刺激に対して弱いことなどがあり外科的な治療を受けたりすることで症状の改善を目指すこともあり、心が原因となっているのか身体が原因になっているのかでも治療方法が異なるため、間違った方法で治療し悪化させてしまう前に正しい治療を受けることが必要です。
また早漏は、女性にも少なからず影響を及ぼす症状であり男性だけが絶頂をむかえることに不満を感じてしまったりストレスの原因になってりすることもあり、女性から男性との性行為を拒否してしまうこともあるので円満な性生活を送るためにも男性は症状を放置してしまわないようにしてください。