勃起と射精とセックス

性行為で陰茎が柔らかままでは女性に挿入することが困難になり、また女性も快感を感じてもらうためにも陰茎が膨張する働きは無くてはならない生理現象であり、老いによって機能を低下させてしまうことは避けることは出来ませんが、若いからといっても機能が低下してしまう男性はいて、勃起力の低下に悩む方は推定でも1000万以上の男性が悩みとなり、決して他人事ではない問題となります。
勃起力とは、陰茎を膨張させることによって大きく硬くそして、個人差がでる部分ですが長さも長くなり陰茎に刺激を加えたり興奮を覚えることで陰茎にこういった現象が起きますが、それだけではなく性行為の際に重要となる勃起を継続させることも含み、一時硬くなったとしても行為の中でそれが解消されてしまっては男性は射精できなくなり、一方の女性はオーガズムに達することが出来なくなり精神的に不安定となる結果を生み出してしまいます。
女性の膣が膣分泌液によって濡れた状態になるのと同じで男性に起こる勃起は行為をするために必要不可欠であり、男女の生理現象が正常に起こることで性行為を成立させることが出来ます。
男性には他にも陰茎のトラブルとして早漏という症状があり、これは射精することが我慢できず性行為と捉えられないくらいの驚くほど早い時間で射精してしまう症状であり、射精することは出来るため男性は欲求を満たすことが出来るように見えますが、実際は女性を満足させることが出来ない事が悩みになり、積み重ねたプライドや自信を喪失し性行為に抵抗をもってしまう事もあります。
人によっては20秒程で射精してしまう男性もおり、短時間で終わってしまうので女性もこれが続いては楽しむことは出来ず、避けるようにもなることもあり、近年で増えている離婚原因の1つである性の不一致として考えられれることもあり、男女関係を構築するために勃起不全や早漏は治療し改善しなければならない症状となり、放置してしまう時間の猶予はないと男性は捉えなければなりません。